Archive for 7月, 2012

只今!間取りのお打合せ中!


2012
07.30

P1030216

ご両親もお打合せにお集り頂き有難うございます

当社間取りのお打合せは回数や変更などの制限は一切ありません

ですから、ご納得のいく最後まで笹原設計共々お打合せさせて頂きますので

宜しくお願いいたします。また先日の当社モデルハウスご見学頂き有難う御座いました。

P1030214

只今!間取りのお打合せ中!

クロス工事、施工始まりました!


2012
07.30

P1030222

はじめに、ボードを平らに仕上げるパテ施工から・・・

P1030221

クロス工事施工始まりました

P1030220

途中経過・・・


2012
07.30

P1030226

板倉大工さん頑張ってます!!!

P1030227

ボード施工始まりました

P1030230

お洒落な外壁ですね!ナイスセンスです!!!

早く足場が取れたところ見たいですね

P1030217

 

防水シート施工終了致しました


2012
07.30

P1030211

大工さん毎日暑いですが、頑張って頂き有難うございます

P1030208

防水シート終了致しました

上棟してから2週間、大工さん頑張ってます!


2012
07.30

P1030207

 筋交いプレート

在来工法の筋かいの取付けを確実にする為に接合部に取り付けられる金物。
地震などの水平力が掛かった場合、筋交いと梁、柱、土台がばらばらにならないようにする。 そこで上記の写真のような筋交い金物を使用して、筋交いの接合部をより強力に固定しておくことが重要になります。
筋交いが破壊されなくても、接合部が外れてしまうと筋交いの意味を成さなくなるため、柱、桁などと筋交の取り合いに付けられます。

火打ち梁とは、木造で床組みや小屋組みで、地震や台風時に発生する水平力による変形を、防止するために設ける斜材で、1階の床に設けるものを火打土台、2階などの床や小屋組に設けるものを火打ち梁と言います

P1030205

ホールダウン金物は、主に木造軸組工法の建物で使用する、補強金物のひとつ。引き寄せ金物とも。この金物は、に柱が土台や梁から抜けるのを防ぐために必要不可欠な金物で、柱脚(柱の下部)と柱頭(柱の上部)の両方に取り付けるものです。

P1030203

全景

基礎工事完了!


2012
07.30

P1030195

基礎だけ見るとおそらく小さく見えてしまうと思いますが、目の錯覚です

ほとんどのお施主様から「三貴さん何か基礎小さくないですか~」なんてよく言われます

上棟致しますとしっかり大きいですからご安心下さい。

P1030200

基礎全景・とても綺麗ですね

P1030199

8月5日(日)の大安に上棟の予定しております

余裕を持って施工できました

P1030201

土留めブロック着工致しました!


2012
07.30

P1030231

暑いですが職人さん頑張っています

P1030232

重量ブロックではなく、もっと頑丈にできる型枠ブロックにて施工

P1030194

高さがあるのでベースも幅広く施工

P1030192

P1030191

ブロックを積むにあたり、はじめにベースを作ります

基礎配筋


2012
07.30

P1030188

全景

P1030187

立上り

P1030186

基礎配筋

大工さん木工工事終了!


2012
07.27

P1030183

2階バルコニー

P1030184

明日からクロス工事行います

P1030182

次の工程はクロス工事

P1030180

木工工事が終わり大工さんとは、ここでお別れです

施主様のほとんどの方が、2~3ヶ月間大工さんと一緒だったから

いなくなっちゃうと寂しいと言われます!

工事途中経過


2012
07.27

P1030174

サイディング貼り

P1030175

キッチン

P1030177

玄関下地